ギターはじめ2>パワーコードの押さえ方をしっかりする方法

次はパワーコードについて見ていきましょう
普通のコード進行より
より力強いコード進行になります
このパワーコードはコード構成音の第3音を
省略した演奏方法です
主にロックギターで使われることが多いです
2音3音で構成されていて
重低音な、太い音をメインにリフやバッキングで
用いられることが多いです
普通のコードより重みが違います

このパワーコードは押さえている2本から3本の
弦で音を作ります、しかし普通に押さえるところだけ
を弾くのが難しいです
むしろ弦を3本だけバッキングするなんて器用な
ロックプレイヤーはいないと思います
ですから、押さえていない弦は音が出ないように
必ずミュートして演奏をすると思います
だいたいは左手で補うクセをつけとけば
間違いなく問題ありません
では実際にどのようにミュートしていくかです

それではGコードとCコードでの方法です
4〜6弦を押さえます
人差し指で1〜3弦を触れてミュートにします
6弦を支点にするコードは基本、人差し指で
音をカットしておきます
練習の仕方はストロークで挑戦してちゃんと
音が出ていればそれでOKです
たまにミュートしているところが
ハーモニクスが鳴ってしまったりしないように
するのが一番難しいです
練習するうちにいいポジションを見つけることが
上達のコツです
こちらhttp://guitarhajimete.com/でギターの
基本を見直すのも新しい閃きにもなります

ギターはじめ2

トップページ
初めてのギター練習の前に重要な秘密
バンド練習でギターの役割とコミュニュケーションの大切さの秘密
ギター練習方法で基本の大切な方法
ギター練習からはじめにやるチューニングのコツ
ギターコードで注意したいことと押さえるコツ
ギターコードでBコードを初心者でも押さえられるコツ
ギターコードでAコードはネコの手のような持ち方な秘密
ギターコード進行でDコードでパワフルに弾ける方法
ギターコードでEコードは簡単に見えてくせ者な秘密
ギターコードのFコードを簡単に押さえるコツ
ギターコードのGコードの押さえ方を上手くするコツ
ギタータブ譜の読み方を覚える単純な秘密
チョーキングでタブ譜どおりノイズを出さないようにするコツ
ハンマリングで力まず正確に音を鳴らすコツ
プリング・オフで力まず正確に音を鳴らすコツ
グリッサンドで劇的な演奏方法とコツ
ギター練習でトリルをすることで知られていない上達のコツ
チューニングにも使われるハーモニクスを正確に鳴らす方法
ブラッシングでカッティングを使い自在に出せるようにするコツ
ギタースライドでアップやダウンで演奏方法が広がるコツ
ライトハンド奏法で早弾きに対応するタッピングのコツ
ギターの音符の読み方で素早くテクに身に付ける方法
バンドスコアから学ぶギター上達への道を初心者が知るコツ
耳コピを練習することで劇的にギターが上手になるコツ
ギター初心者が練習で行き詰まったら考える方法
ギターでビブラートを正確に鳴らすコツ
ストロークでギターを上手く弾く手首のコツ
ピッキングハーモニクスで高度な技術を身に付けるコツ
エコノミーピッキングでギター演奏の醍醐味を知る方法
オルタネイトピッキングの練習でリズムが大切な秘密
ミュートの重要性と両手を使うコツ
ブラッシングミュートで演奏を休憩しないコツ
バッキングからバンドの将来が決まると言われる秘密
カッテイングで高度なテクを右手の使い方で決まるコツ
ギターでカッティングする練習の前の準備する秘密
ミュートからカッティングを区別する音を正確に鳴らすコツ
ブラッシングとカッティングで16分でファンキーな音を出すコツ
アルペジオの弾き方で基本的な方法
練習方法でアルペジオを知る必要なコードとコツ
スリーフィンガーでアルペジオの基礎の華麗なる演奏方法とは
サムピックを使いスリーフィンガーを練習するコツ
クロマチック練習方法で指を動かす究極の練習の秘密
左手を鍛えるクロマチック練習方法でさらにライバルに差をつける方法
パワーコードの押さえ方をしっかりする方法
パワーコードを練習してストロークの大切さを知る秘密
パワーコードから学ぶ練習の一定の法則と秘密
パワーコード一覧表でコード進行が楽なコツ
速弾きでギターリストの究極のテクニックの秘密
速弾きはこの2フレーズで劇的に身につくコツ
ギターを初心者でも最後に続けた人が成功する秘訣

その他

リンク募集中